新しいテストバージョンについて

投稿日 by Hiro

FreeDVの新しい安定版候補、Ver1.6.1がリリースされました

使用方法について
最近、以下を追加するためにFreeDVにいくつかの変更を加えました。

選択したモードに関係なく、すべてのHFモード(700C / D / E、1600、2020)の
同時デコード。たとえば、誰かが700Eで送信していて、あなたが700Dで
送信している場合でも、他の人のスピーチを聞くことができます。

停止して再起動する必要のない送信モードのライブ切り替え。

メインウィンドウの送信減衰コントロールにより、
他のアマチュア無線アプリケーションに干渉することなく
送信音量を簡単に調整できます。

  • 2020、1600および700C /D/Eの同時デコード(最初に停止を押す必要なく、モードを変更し、
    もう一度スタートを押す)。
  • 前述のモード間での現在のTXモードの動的切り替え(セッションを再起動することなく)
  • メイン画面の下部にあるTXレベルのスライダーで、送信出力を微調整します
    (ALCのクリッピングや他のサウンドカードのハムラジオアプリケーションとの
    競合を避けるのが簡単です)。

参照用に、TX レベルスライダーを使用したメイン画面は次のとおりです。
下記の画像はVer 1.6.1のものです。

および[ツール] – [オプション] 内の新しいオプションを使用して、
動的モード切り替えを有効にします。


FreeDV Ver1.6.1にバージョンが上がりました 2012.8.8追記
今までの累積していた、不具合点、機能追加が盛り込まれています。

  1. バグの修正:
    • PTTがリリースされたときのTX音声のクリッピングが抑制されました。
    • 1.5.3でマルチRXを実装した結果、800XAおよび2400Bの欠落しているモードラベルが追加されました。
    • 2400B使用時のアナログパススルーを修正しました。
    • macOSの応答しないスクロールコントロールを修正しました。
    • 自動EQが800XAで機能するようになりました。
    • マルチRXがモードを切り替えるときに散布図の状態をリセットします。
    • イコライザーコントロールには、選択したサウンドデバイスのサンプルレートを使用します

      ・英語以外のシステムでの表示の問題を解決するために、PortAudioのデバイス名にUTF-8を使用します。
    • メインウィンドウでクリックして調整機能を使用するとクラッシュする問題を解決します。
    • テスト中に[オーディオオプション]ダイアログ内のテストプロットがハングする問題を解決します。
    • セッションがアクティブな場合は、[ツール]-> [オプション]でマルチRXオプションを無効にします。
    • モノラルのみのTXサウンドデバイスを使用する場合のバッファオーバーフローを解決します。
  2. 機能強化:
    • 周波数表示を上部に移動しました。
    • ウォーターフォール表示用に最適化されたレンダリングコードにより、低速のマシンでの応答性が向上します。
    • スクリーンリーダーの使用中に発生したナビゲーションの問題を修正しました。
    • 表示を短くするには、メインウィンドウを水平方向に拡大します。
    • ボイスキーヤーファイルを選択したTXモードのサンプルレートに自動変換できるようにします。
    • マルチRX:サポートされている各モードを独自のスレッドでデコードします。
      バグの修正:
    • 英語以外のシステムでの表示の問題を解決するために、PortAudioのデバイス名にUTF-8を使用します。
    • メインウィンドウでクリックして調整機能を使用するとクラッシュする問題を解決します
    • 起動時だけでなく、TXとRX間の移行時にモードインジケータを更新します。
    • 新しいCodec2reliable_textAPIを使用するようにPSKReporter機能を更新します。
    • FreeDVが現在のVFOを変更しないように、不要なrig_init()呼び出しを抑制します。
  3. 新機能:
    フットスイッチなどのPTT入力のサポートが追加されました。

v1.5からの変更点:

  1. v1.5.3:
    • 2020、1600、700C / D / Eの同時デコード(最初に[停止]を押し、モードを変更して、
      もう一度[開始]を押す必要はありません)。
    • セッションを再開する必要なしに、前述のモード間で現在のTxモードを動的に切り替えます。
    • メイン画面の右側にあるTxレベルスライダーで、送信出力を微調整します
      (ALCのクリッピングや、他のサウンドカードアマチュア無線アプリケーションとの
      競合をより簡単に回避するため)。
  2. v1.5.2:
    • IDの代わりにデバイス名を使用するようにサウンドカード構成の
      ストレージを更新します。
    • コンピューターのサウンドカード構成の変更を検出し、
      デバイスがなくなるとユーザーに通知します。
  3. v1.5.1:
    • 報告するための実験的なサポートPSK Reporterが追加しました。
    • モノラルデバイスをステレオデバイスと一緒に使用できるようにするオーディオ構成のバグ修正。
    • 使いやすさを向上させるために、ユーザーインターフェイスと記録/再生機能を微調整します。
    • 音声キーヤーのサポートを改善するためのバグ修正と調整。
  4. v1.5.0:
    • FreeDV 700E、高速フェージングチャネルで700Dよりも優れたパフォーマンス
    • FreeDV 700D / 700Eクリッパーで平均送信電力を6dB増加

今回リリースされたバージョンに特に問題点がなければ 2021.9.26追記
試作版の表記は外された、正式なリリースとなります。

FreeDV-1.6.1-win32.exe
FreeDV-1.6.1-win64.exe

FreeDVのPSKReporter機能の改善に取り組んでおり、主に、
これまでよりも信頼性を高めています。

いくつかの注意:

1.これは、テキストフィールドに完全に異なるエンコードスキームが
使用されているという点で、以前のバージョンのFreeDVと
互換性がありません。つまり、
PSK Reporterが有効になっている場合([ツール]-> [オプション]で)、
このバージョンでは、以前のバージョンを実行しているユーザーから
送信されたテキストをデコードできません。

2.以前のバージョンと同様に、FreeDVが受信したテキストを
適切にデコードする(したがって、相手のコールサインを報告する)には、
両側でPSKReporterを有効にする必要があります。

3.今回の変更では、Hamlibを使用してPSK Reporter機能を
有効にする必要をなくし、メインウィンドウの右下にある
[Report Frequency]フィールドを優先するフォローアップビルド
です
もちろん、Hamlibを有効にしている場合、このフィールドは
TXとRXの開始/切り替え時に自動更新されます。

Ver1.6.1をスタートさせると、右下にReport Frequencyという表記の窓が表示されます。
これは、PTT制御にHamlibを使用している時は、空欄では自動的に無線機の周波数を
読み取り、送信時に更新されます。
PTT制御にシリアル制御を使用している時は、入力を行いPSK Reporterでのレポートに
反映されます。

注:このリリース以降のPSK Reporter機能は、コールサインのエンコード方法が変更されたため、
1.6.1より前のバージョンと互換性がありません

問題が発生した場合、または上記の機能を改善するための提案がある場合
また使用方法などについて不明な点がありましたら、お知らせください